タロットカードが象徴するもの

タロットカードは全部で78枚

その中でもいかにも神秘的でタロットらしいのは

小アルカナと呼ばれる22枚のカード。

 

タロットは占いというイメージだけれども

実際に持って眺めてみると、無限のストーリーが生まれる

本のようだと感じる。

 

神秘的で象徴的な図柄は

ユングが「元型(アーキタイプ)」と言ったような

普遍的なイメージを喚起して、無意識の世界と響きあう。

 

元型とは…

ある民族ないし人種が同様の経験を反復するうちに,一定の精神的反応を示すようになり,特有の集団的無意識をもつにいたる。その具体化がアーキタイプで,神話や伝説に顕著である。 (ブリタニカ国際大百科事典)

代表的なものは母親元型ーグレートマザー、父親元型ー老賢人、アニマ、アニムスなど

 

誰の心のなかにも元型的イメージがあって

タロットを使って、その方の心に強く作用している元型的イメージに触れたり

どんなストーリーが展開されているかを読み解くことができる。

 

人は無意識に再生し続けるストーリーによって

人生で似たようなパターンを繰り返しつつ生きていることがほとんど。

パターンを変えたければ、自分の無意識の中で

どんなストーリーが展開されているか知るのが一番早い。

 

視座を変えると、ストーリーの展開は

瞬く間に変わっていくのだ。

 

コメント